マイナビナースケアが運営する精神科訪問看護ステーション「マイナビ訪問看護」

マイナビグループが運営する
精神科訪問看護ステーション

マイナビ訪問看護

ひきこもりやうつ病、精神疾患など、こころの病気は特別なものではありません。
誰もがかかる可能性のある病気と言われています。
“ともに考え ともに進む 手を取り合って”
マイナビ訪問看護ステーションは、こころとからだの両面から在宅療養をサポートします。

精神科訪問看護とは?


精神疾患をお持ちの方やこころのケアを必要とされる方が、地域社会の中で安心して暮らせるように、ご自宅や入所施設に看護師がお伺いしてケアや生活のサポートをする制度です。
従来の精神科医療は、入院をともなう病院での治療が一般的でした。しかし現在では、医療機関・地域援助事業者・自治体などの支援のもと、利用者さまが地域社会の中で毎日の生活を送りながら治療を行う、訪問看護への移行が進んでいます。
この制度により、利用者さまは住み慣れた安心できる環境の中で専門的なケアやサポートを受ける事ができるため、より効果的な治療とスムーズな社会復帰の実現が期待されています。

精神科訪問看護とは?

国が定める制度

医療機関・地域援助事業者・自治体などが連携し、主治医の指示のもと、看護師・精神保健福祉士・作業療法士といった有資格者がご自宅や入所施設へと直接訪問し、利用者さまのケアにあたります。
提供されるケアサービスの詳細は国により厳密に定められており、病院・診療所、または認可を受けた訪問看護ステーションのみが、サービスを提供することができます。

対象となる疾患

精神疾患全般:
統合失調症、双極性障害、うつ病、アルコール依存、薬物依存、解離性障害、強迫性障害、睡眠障害、摂食障害、適応障害、認知症、パーソナリティー障害、発達障害、パニック障害、不安障害、てんかん 等

主な提供サービスの内容

服薬の確認・支援、体温・血圧・脈拍等の測定、症状の観察、日常生活観察と自立に向けた支援、不安や悩み事の相談、対人関係の相談、家族の方への支援、社会資源活用の調整、社会復帰へ向けてのサポート 等

少ない費用負担で利用可能

精神科の訪問看護サービスは国が定める制度であり、提供するサービス毎に費用が決められています。また医療保険や介護保険の対象となるため、少ない自己負担で安心してサービスの提供を受けることができます。

ご本人様が、地域の一員として安心して
自分らしい暮らしを送れるように。


マイナビナースケアの、
高いサービス品質
マイナビナースケアの、高いサービス品質

高品質なケアサービスを提供することで、利用者さまが安心し、自信を持ってより早く社会復帰できること。
その実現のために、私たちマイナビナースケアは、総合人材サービス企業であるマイナビグループの経験と実績を活かし、ケアサービスの提供を担う質の高い看護スタッフの採用と育成に力を入れています。

正看護師100%

精神科訪問看護で利用者さまのケア・サポートを担う看護スタッフは、正看護師・准看護師・精神保健福祉士・作業療法士といった資格の所有者になりますが、しかしこの資格の種類によって、提供可能なサービスの範囲に違いがあります。
私たちマイナビナースケアでは、看護スタッフ全員が、精神科訪問看護制度に定められたすべてのサービスを提供可能な「正看護師」の資格を所有しています。そのため、医療機関などからの指示にすべての看護スタッフが対応でき、また例えば主治医の判断で提供すべきサービスに変更が生じた場合であっても、利用者さまが慣れ親しんだ看護スタッフが継続してケアにあたることが可能となります。

精神科病棟勤務経験者90%以上

マイナビナースケアの看護スタッフのほとんどが、精神科病棟の勤務経験者であることも大きなメリットです。
精神科病棟の臨床現場において豊富な経験を積んでいるからこそ、ただ単純に決められた作業を実施するのではなく、主治医が定めた方針の意図や狙いを理解したうえで、利用者さま一人ひとりに合わせた最も適切な方法と手順でサービスを提供することができます。また、さまざまな症例やケースを経験しているため、主治医に対する的確なレポートの提示や、関係各所に対するより効果的・包括的な支援プランの提案も可能となります。

ご本人様・ご家族の皆様へ
ご本人様・ご家族の皆様へ

サービス内容や、お申し込み・ご利用の流れ、ご利用料金などをご案内いたします。

詳細はこちら
拠点・サービス提供エリア
拠点・サービス提供エリア

現在サービス提供中のエリアを検索することが出来ます。サービス提供エリアは、順次拡大いたします。

詳細はこちら

メッセージ


責任者メッセージ
責任者メッセージ
詳細はこちら
スタッフメッセージ
スタッフメッセージ
詳細はこちら